練習マッチ「帝京大学Bvs天理大学B」観戦記

試合結果

2017年(平成29年)8月24日(木)15:00キックオフ

於:菅平サニアパークメイングラウンド

練習マッチ

⚪︎帝京大学B 47(前半28-0/後半19-12)12 天理大学B⚫︎

 

 得点経過(前半)

前半6分 帝京大は天理G前ラインアウトからモール〜右展開〜FWゴリゴリで2金廉T,10奥村G「帝京大7-0天理大」

前半17分 帝京大は天理G前ラインアウトからモールを押し込み〜サイドを突いた2金廉がT,10奥村G「帝京大14-0天理大」

前半25分 帝京大は天理G前で得たペナルティーから速攻〜左展開で12大内がT,15奥村G「帝京大21-0天理大」

前半28分 リスタートキックオフから帝京大は連続攻撃で一気にビッグゲインでトライ目前も、ノックオン

前半33分 帝京大は天理G前ラインアウトからFWゴリゴリで最後は3淺岡T,15奥村G「帝京大28-0天理大」

前半39分 天理大は帝京G前ラインアウトからモールを押し込みインゴールへ入るが、グラウンディングは認められず!ここでハーフタイム!

 

 得点経過(後半)

後半3分 帝京大は天理G前ラインアウトからモールを押し込み2金廉がT,10矢澤G「帝京大35-0天理大」

後半9分 帝京大は天理G前スクラムから右展開〜サインプレーで入って来たブラインドWTB11塩田がT,10矢澤G×「帝京大40-0天理大」

後半13分 天理大のキックを帝京がカウンター15奥村〜13原口がそれぞれ好ゲイン〜11塩田がT,10矢澤G「帝京大47-0天理大」

後半18分 帝京大は天理G前で得たペナルティーから速攻右展開で天理ディフェンス背後へキックも、天理がインゴールで押さえドロップアウトに!

後半20分 帝京大は天理キックをカウンター〜一気に天理G前へ迫るがラックから球がこぼれターンオーバー〜天理14が独走でそのままトライかと思われたが帝京14吉本がよく戻りナイスタックルでトライを防ぐ

後半25分 帝京スクラムを天理が激しく押し込みターンオーバー〜連続攻撃で最後は17加藤がT,22池永G×「帝京大47-5天理大」

後半32分 天理大はハーフウェー付近ラインアウトから左展開〜FWタテでゲイン〜左展開で15國本茂T,22池永G「帝京大47-12天理大」

後半37分 天理大は帝京G前ラインアウトからモールを押し込むが、レフェリーの判定はモールパイルアップで帝京ボールスクラムに!

※観戦者が “そう見えた“ 通りに書いてる “非公式記録“ ですので、名前等の間違いやルール解釈ミス等があってもご容赦ください(笑)

 

観戦記

苦しみながら辛くも7点差で逃げ切り薄氷の勝利となったAマッチの直後に行われたこのBマッチ。天理大が気楽に勝てる相手ではないことを見に染みたはずの帝京大学、キックオフ直後から実に気合の入った激しい戦いを見せてくれました。

ブレイクダウンで帝京大が優勢だったため、天理大はラック周辺でのペナルティがかなり多くなりました。レフェリーは何度もゲームを止め天理大のゲームキャプテンに注意を与えていましたが、そこで直ちに改善できなかったのは天理大の課題ですね。逆にそうやってペナルティをもらった帝京大は、タッチキックで陣地を得ると敵陣ゴール前でラインアウトからFWパワープレーという黄金パターンで労せずトライを重ねていきました。

AマッチではスクラムなどFW戦において天理大の圧力に負けてしまった帝京大でしたが、Bマッチではほぼ互角かやや帝京の優勢でした。これは帝京大の方がAチームに準ずるレベルの選手が多い、つまり選手層が厚いということかなと見ました。

このように前半、FWのパワープレーなどで4トライをあげた帝京大は後半も3連続トライをあげ、後半13分で「帝京大47-0天理大」と圧倒!ワンサイドゲームのまま終わってしまうのかと思いましたが、後半の後半は天理大の時間となりました。帝京大はいつものようにこの時間帯からメンバーをガラッとほぼ全交代させたんですが、そこからまたスクラムが劣勢になったんですよね。起点が乱れたことでリズムも悪くなっちゃったのかな!?そんなわけでここから2本返されてしまいましたが、まあそれでもAマッチのモヤモヤを吹き飛ばす快勝となりました!

この試合の中でどうしても触れておきたいのは、後半20分の出来事。帝京大がカウンターから一気に天理G前へ攻め込みそのままトライかと思いきや、ラックから球がこぼれてしまい、再ターンオーバーした天理14が約100m走り切りそのままトライ!!・・・と思われたところを、帝京大14の選手(たぶん吉本淳之助選手だと思うんですが、見間違えていたらゴメンナサイ)がそれを最後の最後まで追いすがり、ゴールライン目前でハードタックルを浴びせ見事にトライセーブ!単にトライを防いだということだけでなく、味方を鼓舞し勇気を与える本当に素晴らしいプレーでした。おじさんは胸が熱くなってしまいました。本当にナイスプレー!!

あくまでも100% “観戦者の私見” ですので、「それは違う!」と思ってもクレームはご遠慮ください(笑)

 

出場メンバー

[帝京大学B]

1 小山 翔也(コヤマ ショウヤ)[3]新潟工業175cm/107kg

2 清水 岳(シミズ ガク)[1]大阪桐蔭174cm/102kg

3 平井 将太郎(ヒライ ショウタロウ)[4]長崎南山185cm/125kg

4 本山 尊(モトヤマ タケル)[2]大分東明191cm/100kg

5 藤井 樹(フジイ イツキ)[4]日本大学高181cm/94kg

6 金 隆生(キム リュンセン)[1]大阪朝鮮179cm/88kg

7 長船 馨雅(オサフネ ケイガ)[4]福岡工業大学付属城東177cm/94kg

8 卞 相悠(ビョン サンユ)[3]東京朝鮮177cm/91kg

9 徳井 彰真(トクイ ショウマ)[2]荒尾177cm/75kg

10 矢澤 蒼(ヤザワ アオイ)[3]御所実業192cm/98kg

11 新井 翼(アライ ツバサ)[2]流通経済大柏175cm/85kg

12 大内 空(オオウチ ソラ)[3]佐野日大177cm/84kg

13 原口 遼雅(ハラグチ リョウガ)[3]延岡星雲172cm/92kg

14 平坂 海人(ヒラサカ カイト)[1]日向176cm/79kg

15 井上 亮(イノウエ リョウ)[2]高鍋175cm/85kg

[リザーブ]

16 長谷川 寛太(ハセガワ カンタ)[3]長崎北陽台179cm/110kg

17 呉 季依典(ゴ キエノリ)[3]京都成章176cm/97kg

18 趙 雄真(チョウ ヨンジン)[3]東京朝鮮172cm/110kg

19 有馬 顕人(アリマ ケント)[4]大分雄城台183cm/94kg

20 栗丸 大輝(クリマル ダイキ)[2]佐賀工業183cm/101kg

21 大澤 大和(オオサワ ヤマト)[3]黒沢尻北170cm/92kg

22 オト・ジョシュア・輝恵(テルヨシ)[1]八王子190cm/95kg

23 春野 日向(ハルノ ヒュウガ)[1]東京167cm/70kg

24 申 誠敏(シン ソンミン)[1]東京朝鮮170cm/71kg

25 河添 貫太郎(カワゾエ カンタロウ)[1]長崎南山174cm/80kg

26 内藤 伸哉(ナイトウ シンヤ)[4]玉川(滋賀)182cm/90kg

27 権 泰錫(クォン テソク)[2]東京朝鮮176cm/75kg

28 上片 風馬(ウエカタ フウマ)[1]長崎北陽台177cm/94kg

29 依藤 尚之介(ヨリフジ ショウノスケ)[4]常翔学園180cm/118kg

30 文 相太(ムン サンテ)[2]東京朝鮮182cm/96kg

31 李 承(リ スンヒョ)[1]大阪朝鮮179cm/93kg

32 金 廉(キム リョム)[4]大阪朝鮮183cm/108kg

33 小川 正志(オガワ マサシ)[4]長崎北陽台184cm/96kg

34 塩田 一成(シオダ イッセイ)[2]桐蔭学園177cm/84kg

35 奥村 翔(オクムラ カケル)[1]伏見工業179cm/80kg

※大学が発表したものを転記してますが、実際の出場選手と異なってる場合があります。

 

[天理大学B]

1 赤平 勇人[4]青森北

2 谷井 連太郎[4]天理

3 水野 健[4]天理

4 紺谷 憲治[1]天理

5 藤井 秀人[4]大阪桐蔭

6 金村 拓海[4]常翔啓光学園

7 松岡 大和[1]甲南

8 原 健太郎[2]日新

⑨ 松山 光秀[4]大阪桐蔭

10 棚橋 優大[4]花園

11 別府 大樹[4]浪速

12 市川 敬太[1]日新

13 土橋 源之助[1]光泉

14 吉田 大樹[2]芦屋

15 國本 茂孝[1]石見智翠館

[リザーブ]

16 加藤 滉紫[3]専大松戸

17 内山 友貴[3]石見智翠館

18 山川 力優[2]天理

19 奥長 凌太[2]桂

20 北條 耕太[2]天理

21 柏山 眞緒[4]伏見工業

22 奥平 龍ノ介[1]名古屋

23 臼井 礼二朗[1]天理

24 神崎 優太[1]門司学園

25 喜連 大稀[3]大阪桐蔭

26 池永 玄太郎[3]上宮太子

27 國本 直孝[4]大商大

28 西口 龍弥[4]大商大

The following two tabs change content below.
ジチョー人見 誠

ジチョー人見 誠

パチンコ業界一筋30年、都内パチンコ店の営業責任者の50歳!岡山県岡山市出身!関西(かんぜい)高校入学後ラグビーと出会い、そのままラグビーに没頭!高校3年時にはラグビー部主将を務め~帝京大学でもラグビー部に在籍。息子も帝京大学ラグビー部に所属、史上初の親子部員。今でも足しげくグラウンドに足を運び、年間約120試合観戦している。

関連記事

練習マッチ「帝京大学vs國學院大学」観戦記

試合結果 2017年(平成29年)12月10日(日)13:30キックオフ 於:帝京大学百草グ

記事を読む

練習マッチ「帝京大学Cvs早稲田大学C」観戦記

試合結果 2017年(平成29年)6月11日(日)12:15キックオフ 於:帝京大学百草グラ

記事を読む

ジチョー人見誠の履歴書その⑧[帝京大学ラグビー部入部編]

※ジチョー人見誠の履歴書その① 「幼少期編」 ※ジチョー人見誠の履歴書その② 「ラグビーとの出

記事を読む

ジチョー人見誠の履歴書その⑮[1985年シーズン帝京大学の立ち位置編]

※ジチョー人見誠の履歴書その① 「幼少期編」 ※ジチョー人見誠の履歴書その② 「ラグビーとの出

記事を読む

練習マッチ「帝京大学Bvs山梨学院大学A」

試合結果 2017年(平成29年)6月3日(土)12:00キックオフ 於:帝京大学百草グラウ

記事を読む

心筋シンチ検査を受けて来ました

以前にもこのブログで書きましたが私は昨年1月に心筋梗塞を発症しまして、死にかけました。通勤途中に発作

記事を読む

ジチョー人見誠の履歴書その⑤[ジチョーの青春高校ラグビー“後編”]

  ※ジチョー人見誠の履歴書その① 「幼少期編」 ※ジチョー人見誠の履歴書その

記事を読む

本日、高校ラグビー全国大会埼玉県予選決勝が行われます!

“めざせ花園” を合言葉に、毎年冬休みのタイミングに東大阪市の花園ラグビー場で開催される高校ラグビー

記事を読む

高校ラグビー新人戦東京都予選決勝「國學院久我山vs目黒学院」観戦記

試合結果 2017年(平成29年)2月5日(日)12:30キックオフ 於:日本大学稲城グラウ

記事を読む

練習マッチ「帝京大学Bvs早稲田大学B」観戦記

試合結果 2017年(平成29年)6月11日(日)15:45キックオフ 於:帝京大学百草グラ

記事を読む


  • 2022年9月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
PAGE TOP ↑