アシックスカップ2017 第4回高校7人制ラグビー大会開幕!

灼熱の暑さだった昨日7/15(土)、東京都の東側で7人制ラグビー(セブンス)の高校全国大会「アシックスカップ2017 第4回高校7人制ラグビー大会」が開幕しました。

これはまあ書いてある通りなんでわざわざ説明するまでもありませんが、昨年2016年(平成28年度)のリオデジャネイロ五輪から正式種目となった7人制ラグビー(セブンス)の普及育成のため、高校においても全国大会が開かれるようになったということですね。なのでとっても歴史が新しい大会であり、今年がまだ第4回目の大会です。

春の選抜「京都成章vs東福岡」より

7人制ラグビー(セブンス)をご存知な方のためにごく簡単に解説しますと、通常タテ100m×ヨコ70mのラグビーグラウンドを使い1チーム15名の選手で攻撃したり防御したりするわけですが、それをほぼ同じルールのままわずか7名の選手で戦うというのが7人制ラグビーです。

グラウンドを広く使い長いパスを駆使しながら攻めるとどうしてもディフェンスにギャップが出来やすくなるので、15人制と比べボールが停滞し膠着状態となることが少なく、比較的容易にトライ出来てしまうのが特徴です。

本来15人で分担する運動量を7人でカバーしなければならないのでとても消耗度が激しいことから、試合時間は前後半7分ずつというとても短時間での勝負となります。なので試合数を多く組むことが可能なため、短期間の日程で一気に大会を消化することが可能なのも良い部分ですね。部員数がなかなか揃わず15人制ラグビーで思い通りのパフォーマンスが出来ない高校にも、7人制だとチャンスがあるというのも高校ラグビーならではの良い部分だとともいます。

春の選抜「桐蔭学園vs石見智翠館」より

全国大会出場チームは、全47都道府県予選を勝ち抜いた47校と前年度優勝校の計48校。前年度優勝の東福岡(福岡)が今年度の福岡県予選でも優勝したため、2位の筑紫高校が繰り上げ出場しています。

大会初日の予選は、3チーム×16リーグに分かれ総当りで各リーグ1~3位を決め、各リーグ1位チーム16校がカップトーナメント、2位チーム16校がプレートトーナメント、3位チーム16校がボウルトーナメントを戦い、それぞれ優勝を目指します。つまりカップトーナメント優勝校が真の高校チャンピオンということになります。

それではさっそく大会初日、予選リーグの順位を紹介!

関東新人大会「流経大柏vs茗渓学園」より

プールA

1位 桐蔭学園(神奈川) 2勝0敗 勝ち点6

2位 尾道(広島) 1勝1敗 勝ち点4

3位 近大和歌山(和歌山) 0勝2敗 勝ち点2

プールB

1位 日本航空石川(石川) 2勝0敗 勝ち点6

2位 國學院久我山(東京) 1勝1敗 勝ち点4

3位 山口(山口) 0勝2敗 勝ち点2

プールC

1位 秋田中央(秋田) 2勝0敗 勝ち点6

2位 高鍋(宮崎) 1勝1敗 勝ち点4

3位 関商工(岐阜) 0勝2敗 勝ち点2

プールD

1位 黒沢尻工業(岩手) 2勝0敗 勝ち点6

2位 清水南(静岡) 1勝1敗 勝ち点4

3位 倉敷工業(岡山) 0勝2敗 勝ち点2

プールE

1位 茗渓学園(茨城) 2勝0敗 勝ち点6

2位 松山聖陵(愛媛) 1勝1敗 勝ち点4

3位 倉吉総合産業(鳥取) 0勝2敗 勝ち点2

プールF

1位 城東(徳島) 1勝1敗 勝ち点4

2位 若狭東(福井) 1勝1敗 勝ち点4

3位 東京農大二(群馬) 1勝1敗 勝ち点4

プールG

1位 東福岡(前年度優勝校・福岡) 2勝0敗 勝ち点6

2位 深谷(深谷) 1勝1敗 勝ち点4

3位 朝明(三重) 0勝2敗 勝ち点2

プールH

1位 石見智翠館(島根) 2勝0敗 勝ち点6

2位 名護(沖縄) 1勝1敗 勝ち点4

3位 磐城(福島) 0勝2敗 勝ち点2

プールI

1位 御所実業(奈良) 2勝0敗 勝ち点6

2位 國學院栃木(栃木) 1勝1敗 勝ち点4

3位 高知中央(高知) 0勝2敗 勝ち点2

プールJ

1位 東海大仰星(大阪) 2勝1敗 勝ち点6

2位 熊本西(熊本) 1敗1分 勝ち点3

3位 仙台育英(宮城) 1敗1分 勝ち点3

プールK

1位 報徳学園(兵庫) 2勝0敗 勝ち点6

2位 佐賀工業(佐賀) 1勝1敗 勝ち点4

3位 山形中央(山形) 0勝2敗 勝ち点2

プールL

1位 日川(山梨) 2勝0敗 勝ち点6

2位 膳所(滋賀) 1勝1敗 勝ち点4

3位 高松北(香川) 0勝2敗 勝ち点2

プールM

1位 西陵(愛知) 2勝0敗 勝ち点6

2位 鹿児島実業(鹿児島) 1勝1敗 勝ち点4

3位 新潟工業(新潟) 0勝2敗 勝ち点2

プールN

1位 大分東明(大分) 2勝0敗 勝ち点6

2位 三本木農業(青森) 1勝1敗 勝ち点4

3位 高岡第一(富山) 0勝2敗 勝ち点2

プールO

1位 京都成章(京都) 2勝0敗 勝ち点6

2位 札幌山の手(北海道) 1勝1敗 勝ち点4

3位 長崎北陽台(長崎) 0勝2敗 勝ち点2

プールP

1位 流経大柏(千葉) 2勝0敗 勝ち点6

2位 筑紫(福岡) 1勝1敗 勝ち点4

3位 下伊那農業(長野) 0勝2敗 勝ち点2

関東新人大会「桐蔭学園vs國學院久我山」より

この結果を受けて本日7/16(日)に行われる決勝トーナメントの対戦カードは下記の通りとなりました。

カップトーナメント(1位校)1回戦

15:00~江戸川区陸上競技場

① 桐蔭学園(神奈川)vs 日本航空石川(石川)

② 秋田中央(秋田)vs 黒沢尻工業(岩手)

③ 茗渓学園(茨城)vs 城東(徳島)

④ 東福岡(前年度優勝校・福岡)vs 石見智翠館(島根)

⑤ 御所実業(奈良)vs 東海大仰星(大阪)

⑥ 報徳学園(兵庫)vs 日川(山梨)

⑦ 西陵(愛知)vs 大分東明(大分)

⑧ 京都成章(京都)vs 流経大柏(千葉)

プレートトーナメント(2位校)1回戦

15:00~江東区夢の島競技場

① 尾道(広島)vs 國學院久我山(東京)

② 高鍋(宮崎)vs 清水南(静岡)

③ 松山聖陵(愛媛)vs 若狭東(福井)

④ 深谷(埼玉)vs 名護(沖縄)

⑤ 國學院栃木(栃木)vs 熊本西(熊本)

⑥ 佐賀工業(佐賀)vs 膳所(滋賀)

⑦ 鹿児島実業(鹿児島)vs 三本木農業(青森)

⑧ 札幌山の手(北海道)vs 筑紫(福岡)

ボウルトーナメント(3位校)1回戦

15:00~葛飾区総合スポーツセンター陸上競技場

① 近大和歌山(和歌山)vs 山口(山口)

② 関商工(岐阜)vs 倉敷工業(岡山)

③ 倉吉総合産業(鳥取)vs 東京農大二(群馬)

④ 朝明(三重)vs 磐城(福島)

⑤ 高知中央(高知)vs 仙台育英(宮城)

⑥ 山形中央(山形)vs 高松北(香川)

⑦ 新潟工業(新潟)vs 高岡第一(富山)

⑧ 長崎北陽台(長崎)vs 下伊那農業(長野)

春の選抜大会「桐蔭学園vs京都成章」より

いやぁ、どのカードも魅力たっぷり!!本当に楽しみです♪

東福岡が昨年に続き2連覇なるか!?

それとも桐蔭学園が春の選抜大会に続き2冠なるか!?

私も今日は観戦に現地へ足を運びたいとおもいます♪

みんなガンバレ~♪

The following two tabs change content below.
ジチョー人見 誠

ジチョー人見 誠

パチンコ業界一筋30年、都内パチンコ店の営業責任者の50歳!岡山県岡山市出身!関西(かんぜい)高校入学後ラグビーと出会い、そのままラグビーに没頭!高校3年時にはラグビー部主将を務め~帝京大学でもラグビー部に在籍。息子も帝京大学ラグビー部に所属、史上初の親子部員。今でも足しげくグラウンドに足を運び、年間約120試合観戦している。

関連記事

関東大学ジュニア選手権「帝京大学vs慶應義塾大学」観戦記

試合結果 2017年(平成29年)10月21日(土)13:00キックオフ 於:帝京大学百草グ

記事を読む

高校ラグビー関東新人大会準決勝「國學院久我山vs茗渓学園」観戦記

試合結果 2017年(平成29年)2月18日(土)14:15キックオフ 於:日本大学稲城グラ

記事を読む

本日、関東対抗戦グループ上位4校の直接対決だよ~!!

おはようございます。またまたずいぶんご無沙汰、今月初めての更新です(汗) ちなみに、私が責任者

記事を読む

「めちゃイケ」放送終了から思うこと!

最近すっかりテレビを観ることのなくなってしまったジチョー人見誠です。 しいて言うならスカパーJ

記事を読む

私ジチョーんちにはネコが9匹(+3匹!?)います♪

一部の方からは “にゃんこジチョー” とも呼ばれている、ジチョー人見誠です(笑) 私の自宅には

記事を読む

ラグビーW杯2019日本大会開幕しましたね♪

「もうすぐワールドカップが日本で!」「ワールドカップいよいよ開幕!」等々、ラグビーに何らかの形で携わ

記事を読む

今年は平成30年なんですね!

よく考えたら今年2018年は平成30年、とうとう平成も30年ですよ!そして天皇陛下が存命中にお役目を

記事を読む

2018年 関東大学ジュニア選手権 準決勝「帝京大学vs東海大学」観戦記

試合結果 2018年(平成30年)11月11日(日)15:00キックオフ 於:帝京大学百草グ

記事を読む

高校ラグビー関東新人大会 組み合わせ決まる!

  高校ラグビー東京都予選決勝の観戦記をアップしたところ、思いのほか反響があったので

記事を読む

近い年代の帝京大学ラグビー部同窓会を開催!

  いまこのブログでは1985年(昭和60年)シーズンの帝京大学ラグビー部の奮闘につ

記事を読む


  • 2022年6月
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
PAGE TOP ↑