ジチョー人見誠の履歴書その⑧[帝京大学ラグビー部入部編]

ジチョー人見誠の履歴書その① 「幼少期編」

ジチョー人見誠の履歴書その② 「ラグビーとの出会い編

ジチョー人見誠の履歴書その③ 「岡山の高校ラグビー事情編」

ジチョー人見誠の履歴書その④ 「ジチョーの青春高校ラグビー“前編”」

※ジチョー人見誠の履歴書その⑤ 「ジチョーの青春高校ラグビー“完結編”」

※ジチョー人見誠の履歴書その⑥ 「ジチョーのだらしない高校生活編」

※ジチョー人見誠の履歴書その⑦ 「当時の大学ラグビー勢力図編」

 

私ジチョーが高校2年時の1983年(昭和58年)に関東大学対抗戦グループにおいて初めて早稲田大学を破り4位となり、交流試合で関東大学リーグ戦1位の法政大学をも破り、初めて大学選手権出場を果たした帝京大学!(1回戦で大学選手権2連覇の同志社大に敗退)

私ジチョーが高校3年時の1984年(昭和59年)に関東大学対抗戦グループにおいて初めて明治大学を破り、2年連続で法政大学から交流試合勝利、大学選手権出場を果たした帝京大学!(1回戦で大学選手権史上初の3連覇の同志社大に敗退)

この時のメンバーだった4年生がキャプテンでLOの塚本浩二さん(あの伝説のスクールウォーズ・伏見工業vs大阪工大高の試合にも出場されてた方)だけであったため、メンバー15名中14名は翌年も残るので、関東対抗戦初優勝も夢ではないとの下馬評だった帝京大学!

そんなすごい大学に入学できることにはなったものの、だからと言ってラグビー部へ入部できるとは限らないわけで、そこからは少々未知の世界へ突入なわけです。どうしていいのかわからなかった人見少年は、ある大先輩を頼るのでした。

約10年位前に関西高校が45年ぶりに全国大会出場を果たしたんですが、その前に花園出場を果たしたのは私が生まれる前の1963年(昭和38年)のこと(このときにはベスト8まで進出したらしいです)。この時のメンバーだった松本さんというオッサン(笑)に現役時代から色々と可愛がっていただき随分と面倒を見ていただいたんですが、その松本さんに相談したところ、あっという間にアチコチと連絡を取り段取りをしてくださいました。

当時の帝京大学ラグビー部には私の一級先輩で岡山県倉敷市出身の石井陽資(ヨースケ)さんという方がいらっしゃったのですが(高校は愛媛県の松山聖陵)、松本さんから石井さん経由で主務の方に話を通していただき、なんとか入部は認めていただけることに(正確には後日監督と面談してから正式に許可していただいたと思います)。でも、寮には入れませんでした。

当時の帝京大学ラグビー部員は1学年約20名ずつの合計80名くらいという構成だったんですが、寮の収容可能人数はその半分強しかなく、地方から出て来たラグビー推薦での入学者とレギュラーに近い人が優先で入寮することになっているので、続くかどうかもわからない一般入部者が入れてもらえる余地はなかったんですね。

そうなると大学近くでアパートを借りるしかないわけですが、東洋大学OBで関東にも友人・知人がたくさんいらっしゃる松本さんはその知り合いの方を通じアパートの世話から何もかもご準備くださり、あとは私本人が上京しさえすればよいだけというところまで段取りしてくださったんですよね。

そんなわけで大学入学前はこのような形で、そして大学入学後もオフで帰省したときなどにはその都度食事やお酒をごちそうになり、色んなありがたいお話をたくさん聞かせてくださいました。

当時、そうやってごちそうになりっぱなしじゃ申し訳ないと何度かお金を払おうとしたことがありますが、決まって強く叱られました。

「アホウか!そんなことせんでエエ!お前がそうやって東京で高いレベルでラグビーを勉強した経験を岡山へ持ち帰って、それを岡山のヤツらに伝えてやれぇ!そうすりゃあ、岡山のレベルが高ぅなっていくんじゃ!」

「お前がそうやってごちそうになってありがたかったと思うことを、ワシじゃのぅてお前の後輩らにドンドンしちゃれぇ!その後輩らがまたその下のヤツらの面倒を見ちゃりゃあ、それでエエんじゃ!」

人生の師匠・松本さんと!2年前にお会いした時もおごられました(笑)

このようなラグビー文化を教育され育ってますので私も極力、カッチョイイ大先輩の真似をして出来る範囲内でではありますが、出来るだけ後輩たちの面倒は見てあげようと努力はしているつもりです(笑)

確か3月10日くらいから新たなシーズンが始まりその最初から練習には参加してますので、たぶん3月1日の高校卒業式を終えるとすぐに上京したんでしょうね。母親と一緒に上京し、アパートの契約やら電話や公共料金の契約やら住民票の移動やら、何やらかんやらでかなりバタバタした記憶はありますが、たぶんほとんど母親任せだったんでしょうね。

そうしてなんとかラグビー部員としての第一歩を踏み出すんですが・・・

当時のキャプテンは田中良さん(~東芝府中。大工大が全国優勝した時のナンバーエイト!その前年にスクールウォーズの伏見工業との決勝戦にも出場してる)だし・・・

スタンドオフはこの年に日本代表候補合宿にも呼ばれ、卒業後は東芝府中で大活躍したカンショーさんだし・・・

華麗なるスタンドオフ・渡部監祥さん(新田~帝京大~東芝府中)

私が高校1年生のときにブッチギリの全国制覇した國學院久我山の主力選手だった相澤輝雄さん(NEC)や引間弘美さん(東芝府中)など、テレビでかじりついて見てた画面の中にいた人たちが間近にいるわけですし・・・

練習はまあ、とにかくキツかったのは間違いないんですが、キツイとかキツくないとか以前にとにかく極度の緊張状態の中で異次元の世界に身を置いたわけですから、ワケがわかってなかったと思います。

とにかく走る量が高校とは比較にならない。そして何より走るスピードが高校とはもっと比較にならない。

高校時代でももちろん一般人には理解できないレベルでハンパなく走らされてるんですが、簡単に言うと高校時代のランニングはずっとマラソンしてる感じで、帝京大学の練習はそれを本当の全力疾走してその3倍くらい走る感じ(笑)バテるとかバテない以前の話として、この異次元のスピードに全くもってついていけませんでした。

帝京大学の裏口から延々と百草団地の中を走り降り多摩動物公園から中央大学を周るという勾配の激しい約8kmクロスカントリーの道のりをランニングし、大学へ戻ると坂道ダッシュを繰り返し、それからグラウンドへ戻り改めて練習が始まる・・・みたいな感じだったと思います。

当時の帝京大学の選手は、もちろん全国的に有名な選手もいるにはいらっしゃるんですが、どちらかと言えば有名高校出身だけどバリバリのレギュラーではなかった選手とか、素材としては面白いけど全国的には無名選手・・・という方々が大多数であり、有力校よりは戦力的には劣るというのが客観的評価だったと思います。

劣るメンバーで格上の大学を負かそうとするんですから、相手を負かすための何かしらの武器が必要です。重さや強さで圧倒するのか、速さや巧さで圧倒するのか!?

帝京大学が志向していたのは早く巧く敵をスピードで上回り、そしてスタミナでも上回り相手がバテた後でも無尽蔵のスタミナで走り勝つ、そんなチームでしたので、そのためには徹底した走り込みが必須だったんですね。とにかくこれまで体験したことのないような量の走り込みをする中、あっという間に1ヶ月近くが経過し、そこでようやく入学式を迎えます。

入学式の式場は日本武道館。司会は確か徳光和夫さんじゃなかったかな!?

まあ高校のときもそうですが、このあたりまでは事実上の仮入部扱いだったと思うんですね。なので雑用はたぶんまだ2年生がやってたと思います。

どこの大学でも言い方こそ違えど概ね

“4年生=天皇、3年生=大臣、2年生=平民、1年生=奴隷”

・・・というような絶対的なヒエラルキー(階級)があるんですが、ここまではまだお客様扱い。ここからがいよいよ本格的な奴隷生活の始まりです(笑)

でもまあ、それって上級生からシメられるって話じゃないですか。そんなんはまあ高校時代も散々経験して来ましたし、ある程度は仕方のないこと。同期である1年生が一致団結して力を合わせ、励まし合いながら乗り切って行けばいいだけの話。

そんなふうに軽く考えてた私の前に、同級生の思わぬ難敵が現れます。

・・・と言うか、私にとって生涯の永遠の天敵かもしれない。

世の中に、こんなエグい人種がいたのか!?

心細さと必死に戦いながらがんばってる私を悩ませる天敵・・・

それは “ザ・関西人”

 

※次回 ジチョー人見誠の履歴書その⑨[関西人とのバトル編]へと続く!

The following two tabs change content below.
ジチョー人見 誠

ジチョー人見 誠

パチンコ業界一筋30年、都内パチンコ店の営業責任者の50歳!岡山県岡山市出身!関西(かんぜい)高校入学後ラグビーと出会い、そのままラグビーに没頭!高校3年時にはラグビー部主将を務め~帝京大学でもラグビー部に在籍。息子も帝京大学ラグビー部に所属、史上初の親子部員。今でも足しげくグラウンドに足を運び、年間約120試合観戦している。

関連記事

ジチョー人見誠の履歴書その㉕[帝京大学ラグビー部1985年秋シーズン⑦ 総括編]

※ジチョー人見誠の履歴書その① 「幼少期編」 ※ジチョー人見誠の履歴書その② 「ラグビーとの出

記事を読む

関西高校硬式野球部34年ぶり甲子園出場の回想!

  今年の元日からこのブログを書き始めたわけですが、正直私の想像を超える絶大な反響が

記事を読む

高校ラグビー関東新人大会 組み合わせ決まる!

  高校ラグビー東京都予選決勝の観戦記をアップしたところ、思いのほか反響があったので

記事を読む

ジチョー人見誠の履歴書その⑤[ジチョーの青春高校ラグビー“後編”]

  ※ジチョー人見誠の履歴書その① 「幼少期編」 ※ジチョー人見誠の履歴書その

記事を読む

博多の街がダイエットに向いていない件(笑)

このブレザーは、私が帝京大学ラグビー部員だった頃のものです。 現在はエンブレムがピ

記事を読む

高校ラグビー第96回全国大会決勝 TV観戦記

第96回全国高等学校ラグビーフットボール大会 決勝 於:花園ラグビー場 ○東福岡 28(

記事を読む

第18回 関東新人大会組み合わせが決まる!

高校ラグビー新人戦都県予選結果 関東エリアの高校ラグビーは2月4日(日)までに全8都県予選決勝が行

記事を読む

高校ラグビー全国大会準決勝 TV観戦記

  “目指せ花園” を合言葉に全国の都道府県予選を勝ち抜いた代表校が集い、東大阪市の

記事を読む

ジチョー人見誠の履歴書その③[岡山の高校ラグビー事情編]

    ※前々回のお話 「ジチョー人見誠の履歴書その① 幼少期編」

記事を読む

練習マッチ「帝京大学C,Dvs日本体育大学B」観戦記

4/16(日)練習マッチ ○帝京大学A,B 73(前半35-0/後半38-12)12 日本体育大学A

記事を読む


  • 2022年8月
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑