練習マッチ「帝京大学C,Dvs専修大学B」観戦記

4/16(日)練習マッチ ○帝京大学A,B 73(前半35-0/後半38-12)12 日本体育大学A※観戦記あり

4/16(日)練習マッチ ⚪︎帝京大学C,D 63(前半7-0/後半56-14)14 日本体育大学B⚫︎ ※観戦記あり

4/23(日)練習マッチ ⚪︎帝京大学 133(前半62-0/後半71-0)0 東北学院大学●※観戦記あり

4/29(土)春季大会 ○帝京大学A 35(前半28-7/後半7-19)26 大東文化大学A●

5/14(日)招待試合 ○帝京大学A 52(前半7-0/後半45-0)0 釜石シーウェイブス●

5/14(日)練習マッチ ○帝京大学B 52(前半19-12/後半33-26)38 専修大学A●※観戦記あり

 

試合結果

2017年(平成29年)5月14日(日)15:15キックオフ

於:帝京大学百草グラウンド

練習マッチ

○帝京大学C,D 52(前半38-19/後半14-14)33 専修大学B

 

 得点経過(前半)

前半2分 専修大攻撃のこぼれ球を帝京大11河添が足にかけドリブル〜自らインゴールで押さえT,10矢澤G×「帝京大5-0専修大」

前半7分 帝京大は専修G前スクラムから左展開〜13原口タテ〜FWゴリゴリで最後は3田中T,10矢澤G「帝京大12-0専修大」

前半8分 専修大はリスタートキックオフをゲット〜右展開でT,G×「帝京大12-5専修大」

前半11分 専修大の攻撃中にこぼれ球を拾った帝京大12新井がそのまま独走でT,10矢澤G「帝京大19-5専修大」

前半16分 帝京大は専修G前5mスクラムを押し込みサイドを突いた6佐藤がそのままT,10 矢澤G「帝京大26-5専修大」

前半19分 専修大は連続攻撃〜右展開でゲインすると今度は左展開で11T,15G「帝京大26-12専修大」

前半22分 帝京大は専修G前でFWゴリゴリもノットリリースでチャンスを逸す

前半24分 帝京大はターンオーバーから素早く右展開13原口〜14塩田T,10矢澤G「帝京大33-12専修大」

前半28分 帝京ペナルティーからの専修タッチキックを帝京がタップしてタッチに出さず〜しかし勢い良くチェイスしていた専修大11がそのボールをキャッチしそのままT,15G「帝京大33-19専修大」

前半38分 帝京大はラインアウトクイックスローイングから連続攻撃〜右展開で10大内〜14内藤ゲインで最後は9重T,10大内G×「帝京大38-19専修大」

 

 得点経過(後半)

後半3分 帝京大は専修G前で得たペナルティーから速攻を仕掛けFWゴリゴリで1T,10大内G「帝京大45-19専修大」

後半6分 帝京大は14内藤の好ゲインなどで一気に専修G前へ迫るが、ノックオン

後半13分 専修大は帝京G前で連続攻撃もノットリリースでチャンスを逸す

後半22分 帝京大は専修G前で得たペナルティーから速攻〜FWゴリゴリもハンドリングエラーでボールをロスト

後半30分 専修大が帝京G前での連続攻撃からT,G「帝京大45-26専修大」

後半33分 専修大は帝京G前での連続攻撃で左右に振り最後は左展開でT,G「帝京大45-33専修大」

後半39分 帝京大はカウンターから9田島がビッグゲイン〜専修大がG前でハイタックルでペナルティー〜帝京大は速攻〜11金子T,10相澤G「帝京大52-33専修大」ここでノーサイド

※観戦者が “そう見えた“ 通りに書いてる “非公式記録“ ですので、名前等の間違いやルール解釈ミス等があってもご容赦ください(笑)

 

観戦記

このC,DマッチはBマッチの直後に行われましたので、この試合に出場する選手たちは前の試合でBチームがあわや専修に・・・という結果だったのを当然知っています。帝京大C,Dの選手たちは当然「えっ?」となり気を引き締めたでしょうし、専修大Bの選手たちは「俺たち、いけるぞ!!」と勇気づけられたことでしょう。

私は帝京大の選手たちの戦う姿を長年ずっとウォッチングし続けてますので、「今日は楽勝だ!本気でやる必要ねぇぜ!」などと相手を舐めた状態でゲームに臨むことなど絶対にないということをよく知ってますが、それでも例えば早稲田戦の時には選手の気持ちの入り方や集中力が明らかに違ったりするのを見れば逆もまた然りで、8連覇中の絶対王者をもってしても気持ちの入れ方を完璧にコントロールするのはやはり難しいんだろうなとつくづく思います。

ましてやただただ気合いを鼓舞し極度の興奮状態で試合に入るという手法は、疲労を早めるし判断ミスが起こりやすいからNGとされている帝京大において、ちょうどいいベストな状態を常に準備するというのは毎回の課題なんでしょうね。おっさんのゴルフスイングのように、いったん崩れるとまた立て直すのも大変でしょうしね・・・つうかこの例え、要らんな(笑)

そんなわけでこの試合は簡単じゃないということを悟った帝京大の選手たちは、スタートダッシュのところからしっかりと気合を入れトップギアでスタートした・・・ように私には見えました。事実、前半2分、7分と立て続けに連続トライをあげ、直後に1本取られたものの即座にもう2本取り、前半16分時点で「帝京大26-5専修大」。とワンサイドゲームの予感!

さすがにこの試合はもう大丈夫だろうと思ったら・・・そうは問屋がおろさなかった!!

前半19分の専修大のトライは、BKで大きく右に展開し14WTBがゲインしてから今度は大きく左に展開し11WTBがトライという、完全に帝京ディフェンスを自分たちの力で崩し切ってとった完璧なトライだし、前半8分と28分のトライは帝京大の緩慢なディフェンスの隙を突いた専修大のとても意識の高いプレーが生んだトライでした。

特に前半28分のシーン!専修大が蹴ったタッチキックを帝京大はノータッチにしようと、ライン際のところからジャンプしてグラウンド内へタップしたんですね。結果インプレーとなったのでそのプレー自体はファインプレーなんですが、そのこぼれたボールへの反応が帝京の選手は鈍かった。するとそこへしっかりとチェイスしていた専修11が猛然と駆け寄りルーズボールをキャッチすると、そのまま一気に走り切ってトライ!一切手を抜かず高い意識でしっかりと自分の仕事をこなした結果が得点に繋がった、この日一番拍手を送りたくなったナイスプレーでした。

裏を返せばこういうところに、この日の帝京大が反省しなければならないポイントが隠されていると思うんです。Aチームは岩手へ遠征しこの日、釜石シーウェイブスと試合。首脳陣もそれに帯同している。そこで残された選手・・・つまり遠征メンバーに選んでもらえなかった選手が、その悔しさをどのようにプレーに反映させなければならないのか!?そこがしっかり意識出来ている選手がAチームとして遠征してるんでしょうし、そうでない選手が居残っているんだということを自覚しなければ上には上がれないということですね。

結局試合の方は、後半開始早々のトライで一時は「帝京大45-19専修大」と26点差をつけながら、後半33分には12点差まで追い上げられた末に何とか振り切って終了。特に後半の後半は長い時間、ずっと自陣へ釘付けにされ専修大にいいようにやられてしまいました。

ただ専修大はAチーム同様、Bチームも本当に良かったですね。下部チームになればなるほど “AチームはいいけどBチームと力の差がありすぎる” つまり “ベストメンバーなら強いけど、ケガ人が出た瞬間にチーム力は落ちる” という現象が起こりがちですが、このBチームのひたむきなプレーを見たことで、今年の専修大はひと味違うなということを確信したんです。

私ジチョーの目が節穴ということにならないよう(笑)専修大にはぜひ圧倒的な全勝で2部を制覇し、入替戦に臨んでもらいたいなと思います!専大ガンバレ!

あくまでも100% “観戦者の私見” ですので、「それは違う!」と思ってもクレームはご遠慮ください(笑)

 

出場メンバー

[帝京大学C,D]

1 李 城鏞(リ ソンヨン)[4]大阪朝鮮172cm/105kg

⇒半田 晃大(ハンダ アキヒロ)[3]常翔学園174cm/105kg

⇒長谷川 寛太(ハセガワ カンタ)[3]長崎北陽台179cm/110kg

⇒北 隼人(キタ ハヤト)[2]筑紫178cm/95kg

2 長谷川 耀(ハセガワ ヨウ)[2]佐世保工業175cm/97kg

⇒北林 佑介(キタバヤシ ユウスケ)[4]東海大仰星172cm/103kg

⇒上片 風馬(ウエカタ フウマ)[1]長崎北陽台177cm/94kg

⇒加地 王虎(カジ キミタカ)[1]伏見工業177cm/95kg

3 田中 大介(タナカ ダイスケ)[1]延岡星雲173cm/108kg

⇒室屋 翔生(ムロヤ カケル)[2]延岡星雲178cm/100kg

⇒慎 昌徳(シン チャンドッ)[2]東京朝鮮185cm/107kg

⇒東浦 仁一朗(ヒガシウラ ジンイチロウ)[1]上宮太子183cm/117kg

4 藤井 樹(フジイ イツキ)[4]日本大学高181cm/94kg

⇒萩之谷 篤(ハギノヤ アツシ)[4]つくば秀英175cm/98kg

5 野田 響(ノダ ヒビキ)[1]荒尾187cm/100kg

⇒石井 祐次郎(イシイ ユウジロウ)[2]金光学園182cm/98kg

6 高橋 怜雅(タカハシ リョウガ)[1]黒沢尻北177cm/88kg

⇒藤丸 翔太(フジマル ショウタ)[2]ロトルアボーイズ172cm/92kg

7 長船 馨雅(オサフネ ケイガ)[4]福岡工業大学付属城東177cm/94kg

8 和崎 慶一(ワサキ ケイイチ)[3]明和県央178cm/95kg

⇒水谷 健人(ミズタニ ケント)[2]秋田工業184cm/90kg

9 徳井 彰真(トクイ ショウマ)[2]荒尾177cm/75kg

⇒重 海人(シゲ カイト)[1]鹿児島実業166cm/65kg

⇒田島 大(タシマ ダイ)[3]大分雄城台165cm/68kg

10 矢澤 蒼(ヤザワ アオイ)[3]御所実業192cm/98kg

⇒大内 空(オオウチ ソラ)[3]佐野日大177cm/84kg

⇒相澤 賢志郎(アイザワ ケンシロウ)[1]流通経済大柏171cm/64kg

11 河添 貫太郎(カワゾエ カンタロウ)[1]長崎南山174cm/80kg

⇒金子 新(カネコ シン)[2]成蹊178cm/86kg

12 新井 翼(アライ ツバサ)[2]流通経済大柏175cm/85kg

⇒齋藤 泰雅(サイトウ タイガ)[2]國學院久我山174cm/92kg

⇒原 銀太郎(ハラ ギンタロウ)[1]報徳学園172cm/79kg

13 原口 遼雅(ハラグチ リョウガ)[3]延岡星雲172cm/92kg

⇒吉本 淳之助(ヨシモト ジュンノスケ)[2]東筑171cm/80kg

⇒伊東 岳(イトウ ガク)[3]長崎南山170cm/84kg

14 塩田 一成(シオダ イッセイ)[2]桐蔭学園177cm/84kg

⇒内藤 伸哉(ナイトウ シンヤ)[4]玉川(滋賀)182cm/90kg

⇒石田 龍之介(イシダ リュウノスケ)[2]京都成章170cm/70kg

15 伊藤 匠(イトウ タクミ)[2]高岡第一170cm/82kg

⇒井上 亮(イノウエ リョウ)[2]高鍋175cm/85kg

※大学が発表したものを転記してますが、実際の出場選手と異なってる場合があります。

 

[専修大学B]

1 兒玉 滉貴[4]日向165cm/98kg

2 松岡 遼太[4]尾道173cm/93kg

3 並木 淳[3]東京186cm/118kg

4 石井 政充[2]目黒学院181cm/100kg

5 小南 周平[4]専修大学松戸175cm/88kg

6 関原 駿平[2]新潟巻170cm/82kg

7 佐藤 匠[2]仙台育英185cm/91kg

8 赤羽 大地[4]専修大学松戸167cm/77kg

⑨ 佐藤 悠[4]専修大学松戸167cm/64kg

10 石原 武[3]東福岡170cm/83kg

11 阿久津 知寿[2]高崎174cm/77kg

12 倉島 渉[4]東農大二172cm/80kg

13 熊谷 一生[2]東京178cm/92kg

14 山﨑 凌太郎[2]東福岡174cm/79kg

15 磯部 恵介[3]帝京183cm/82kg

[リザーブ]

16 網谷 龍太[3]高岡第一177cm/100kg

17 福田 泰史[4]筑紫170cm/94kg

18 森重 慶司[2]大分雄城台178cm/103kg

19 西村 龍馬[4]高鍋188cm/105kg

20 小川 将永[2]長崎北185cm/95kg

21 小田 剣[2]佐賀工業171cm/75kg

22 夏井 大樹[1]秋田中央173cm/78kg

23 橋本 広基[2]専修大学松戸170cm/84kg

24 新名 優樹[1]大分舞鶴178cm/70kg

25 石川 晃一[1]目黒学院175cm/90kg

The following two tabs change content below.
ジチョー人見 誠

ジチョー人見 誠

パチンコ業界一筋30年、都内パチンコ店の営業責任者の50歳!岡山県岡山市出身!関西(かんぜい)高校入学後ラグビーと出会い、そのままラグビーに没頭!高校3年時にはラグビー部主将を務め~帝京大学でもラグビー部に在籍。息子も帝京大学ラグビー部に所属、史上初の親子部員。今でも足しげくグラウンドに足を運び、年間約120試合観戦している。

関連記事

ジチョー人見誠の履歴書その⑰[パチンコの歴史編・草創期~1985年]

※ジチョー人見誠の履歴書その① 「幼少期編」 ※ジチョー人見誠の履歴書その② 「ラグビーとの出

記事を読む

大学選手権「帝京大学vs流通経済大学」観戦記

試合結果 2017年(平成29年)12月23日(土)14:20キックオフ 於:秩父宮ラグビー

記事を読む

第18回 関東新人大会2回戦「茗渓学園vs日川」観戦記

試合結果 2018年(平成30年)2月11日(日)11:45キックオフ 於:熊谷ラグビー場B

記事を読む

関東大学春季大会「帝京大学vs流通経済大学」観戦記

試合結果 2017年(平成29年)6月18日(日)13:30キックオフ 於:帝京大学百草グラ

記事を読む

ジチョー人見誠の履歴書その⑪[初めての大学ラグビー春シーズン編]

※ジチョー人見誠の履歴書その① 「幼少期編」 ※ジチョー人見誠の履歴書その② 「ラグビーとの出

記事を読む

4年生試合その③ 「帝京大学vs慶應義塾大学」観戦記

※「4年生試合その① 帝京大学ラグビー部における4年生の役割」 ※「4年生試合その② 感動の公

記事を読む

テストマッチ「日本代表vsアイルランド代表」観戦記

試合結果 2017年(平成29年)6月24日(土)14:40キックオフ 於:味の素スタジアム

記事を読む

関東大学対抗戦「帝京大学vs日本体育大学」観戦記

試合結果 2018年(平成30年)10月7日(日)15:00キックオフ 於:帝京大学百草

記事を読む

吉野家の牛丼が好きな理由、それは青春の味だから!

吉野家、松屋、すき家、なか卯・・・世の中には美味しくて安い牛丼チェーンがたくさんある中で、最も好きな

記事を読む

ジチョー人見誠の履歴書その⑳[帝京大学ラグビー部1985年秋シーズン② 1年生はつらいよ編]

※ジチョー人見誠の履歴書その① 「幼少期編」 ※ジチョー人見誠の履歴書その② 「ラグビーとの出

記事を読む


  • 2022年8月
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑