高校ラグビー関東新人大会準決勝「桐蔭学園vs流経大柏」観戦記

試合結果

2017年(平成29年)2月18日(土)13:00キックオフ

於:日本大学稲城グラウンド

第17回関東高等学校ラグビーフットボール大会 準決勝①

○桐蔭学園 62(前半36-0/後半26-7)7 流通経済大柏

 得点経過(前半)

前半5分 桐蔭が流経G前ラインアウトからモールを押し込みそのまま先制T,14G「桐蔭学園7-0流経大柏」

前半11分 流経はスクラムから右展開で10がビッグゲインするもフォローが遅れ後が続かずチャンスを逸す

前半13分 桐蔭は自陣スクラムから右展開~ブラインドから入った11がパスダミーで抜け出しそのまま独走T,14G「桐蔭学園14-0流経大柏」

前半17分 桐蔭が流経G前へ攻め込むが密集で反則を取られチャンスを逸す

前半18分 流経陣深くでの桐蔭スクラムを流経が押したが、こぼれ球を拾った桐蔭9がブラインドを突きそのままT,14G「桐蔭学園21-0流経大柏」

前半20分 リスタートキックオフから桐蔭が左展開~右展開~左展開と流経を大きく振り回しそのままT,14G×「桐蔭学園26-0流経大柏」

前半25分 流経が自陣から蹴ったノータッチキックをキャッチした桐蔭15がカウンター~11T,14G×「桐蔭学園31-0流経大柏」

前半29分 桐蔭が流経G前で得たペナルティーから速攻を仕掛けFWゴリゴリでT,14G×「桐蔭学園36-0流経大柏」

 

 得点経過(後半)

後半1分 桐蔭はナイスタックルからカウンターラックでターンオーバーに成功~右展開で3がゲイン~更に右ブラインドを突いてT,14G×「桐蔭学園41-0流経大柏」

後半7分 桐蔭がFW&BK一体となった攻撃でゲイン~FWゴリゴリでT,14G「桐蔭学園48-0流経大柏」

後半16分 流経は桐蔭G前スクラムから左展開で10が横に流れ12がタテを突くサインプレーでT,15G「桐蔭学園48-7流経大柏」

後半20分 桐蔭が流経G前に攻め込むが流経がターンオーバーに成功、ピンチを脱す

後半23分 流経のノータッチキックを桐蔭がカウンターで攻め込むが、流経がうまくからみノットリリースで桐蔭はチャンスを逸す

後半26分 桐蔭が流経G前での連続攻撃からT,14G「桐蔭学園55-7流経大柏」

後半30分 桐蔭が流経G前でのFWゴリゴリからT,14G「桐蔭学園62-7流経大柏」ここでノーサイド! 

※観戦者が「そう見えた」通りに書いてる“非公式記録“ですので、名前等の間違いやルール解釈ミス等があってもご容赦ください(笑)

観戦記

流経大柏は試合前の円陣から気合い入りまくり!キックオフ直後からフルスロットル全開でいくつもりでしょう。

対する桐蔭学園は・・・比較的冷静。静かに闘志を内に秘めてる感じ。

これ、帝京大学・岩出監督の本に書かれてる事例と符合する部分があるんですけど、曰く「気合いは入らなきゃいけないが、気合いが入り過ぎると興奮状態となり、大事な局面で判断を誤るリスクが出る。なので気合は入ってるが冷静さを失わない精神状態を保つことが重要!」というような趣旨のお話を書かれてます。

つまり桐蔭学園がそのように気合いの入り具合がコントロール出来ているところまで持って行けてるのだとしたらスゲーなと思いながらそのあたりを意識しながら立ち上がりを観ていたのですが、すぐにズバリその通りなんだろうなと確信を持ちました。

だって桐蔭の選手の中に、うろたえたりまごついたりしてる選手は皆無。攻撃でもディフェンスでも自分のやらなきゃならないことが明確になっていて動きにムダがなく、イレギュラーなことが起きても難なくリカバーしていく。もちろん良い意味で感情の起伏も外からはわからない程度にしか動いてる様子がなく、そして状況が変わるごとに全員が的確な判断を下し即反応していくので、アタックは自分たちにミスが起きない限り半永久的に続いていくし、ディフェンスは何次攻撃を仕掛けられても一向にほころびが起きない。

前半20分までに桐蔭学園が4トライを上げ26-0と一方的なリードになった辺りから流経大柏は、その桐蔭の圧力に屈したのか消極的なプレーが増えて来ました。意図のない無策に見えるキックが増え、パスコースを消された流経10がなんとなくタテを突かざるを得なくなり・・・。なので個人的にはこの時点で勝敗の行方は決したと判断しました。

後半も7分までにもう2トライをあげ「48-0」と突き放したところで桐蔭学園はキーマンの9と12をさげる余裕を見せます。更に後半14分にはもう4選手を一気に交代。後半のスコアがやや伸び悩んだのはこの影響だと思いますが、でも決勝戦はこの翌日なので主力選手の疲労を最小限に留め、控え選手の経験値を上げることを同時に出来るこの選択がやはりベストですよね。やはり絶対王者には余裕があります。

そんなわけで流経大柏は最後に1本取り返すのがやっと、いいようにやられてしまいました。ただ、流経大柏が弱かったとは全く思いません。桐蔭学園のレベルが高過ぎるってことなんじゃないでしょうか。この様子ではもはや関東には敵なし、いよいよ悲願の単独全国制覇も視野に入ったのではないかと見ます。選抜大会での戦いぶりに期待したいと思います。

あくまでも100%“観戦者の私見”ですので、「それは違う!」と思ってもご容赦ください(笑)

 

The following two tabs change content below.
ジチョー人見 誠

ジチョー人見 誠

パチンコ業界一筋30年、都内パチンコ店の営業責任者の50歳!岡山県岡山市出身!関西(かんぜい)高校入学後ラグビーと出会い、そのままラグビーに没頭!高校3年時にはラグビー部主将を務め~帝京大学でもラグビー部に在籍。息子も帝京大学ラグビー部に所属、史上初の親子部員。今でも足しげくグラウンドに足を運び、年間約120試合観戦している。

関連記事

私ジチョーんちにはネコが9匹(+3匹!?)います♪

一部の方からは “にゃんこジチョー” とも呼ばれている、ジチョー人見誠です(笑) 私の自宅には

記事を読む

高校ラグビー全国選抜大会準々決勝①「石見智翠館vs佐賀工業」観戦記

試合結果 2017年(平成29年)4月6日(木)10:30キックオフ 於:熊谷スポーツ文化公

記事を読む

本日第39回関東大学ジュニア選手権決勝戦が行われます!

このブログで何度も観戦記を紹介して来た関東大学ラグビーにおける準1軍選手たちの公式戦「関東大学ジュニ

記事を読む

高校ラグビー関東新人大会 組み合わせ決まる!

  高校ラグビー東京都予選決勝の観戦記をアップしたところ、思いのほか反響があったので

記事を読む

私ジチョーがこのブログを読んでもらいたいターゲット その①

ぶっちゃけ私がこのジチョーブログをどうしても読んでもらいたいと思っているターゲットは、ズバリ2人いま

記事を読む

練習マッチ「帝京大学Avs早稲田大学A」観戦記

試合結果 2017年(平成29年)8月20日(日)13:00キックオフ 於:菅平サニアパーク

記事を読む

第5回 関東大学オールスターゲーム2017 観戦記その2[7人制]

  「第5回 関東大学オールスター2017」メインイベントの「対抗戦A選抜vsリーグ

記事を読む

2018年 関東大学ジュニア選手権 準決勝「帝京大学vs東海大学」観戦記

試合結果 2018年(平成30年)11月11日(日)15:00キックオフ 於:帝京大学百草グ

記事を読む

ジチョー人見誠の履歴書その⑩[関西人から学んだこと]

※ジチョー人見誠の履歴書その① 「幼少期編」 ※ジチョー人見誠の履歴書その② 「ラグビーとの出

記事を読む

関東大学ジュニア選手権「帝京大学vs慶應義塾大学」観戦記

試合結果 2018年(平成30年)10月28日(日)13:00キックオフ 於:帝京大学百草グ

記事を読む


  • 2022年9月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
PAGE TOP ↑