第55回大学選手権「早稲田大学vs慶應義塾大学」観戦記

試合結果

2018年(平成30年)12月22日(土)12:05キックオフ

於:秩父宮ラグビー場

第55回全国大学ラグビーフットボール選手権大会 準々決勝

○早稲田大学 20(前半12-7/後半8-12)19 慶應義塾大学●

 

得点経過(前半)

前半2分 キックオフのボールをいきなり慶應がノックオン〜早稲田大は敵陣G前スクラムから右展開〜FWタテ〜左展開で11佐々木が先制T,9齋藤G×「早稲田大5-0慶應大」

前半7分 慶應が敵陣深くへキック〜それを拾った早稲田10岸岡がキックを蹴るがそれを慶應11宮本がチャージしそのままT,10古田G「早稲田大5-7慶應大」

前半10分 慶應大が自陣で連続攻撃から左展開で11宮本が抜け出しそのまま独走トライかと思われたが早稲田11佐々木がよく戻りナイスタックルでタッチへ押し出す

スクラムでは慶應大が早稲田を圧倒!二度目のスクラムでも数メートル押し込みコラプシングを獲得!

前半29分 慶應大は敵陣G前ラインアウトからFWゴリゴリで数十フェーズ重ねるが早稲田ディフェンスが一歩も引かず!最終的に慶應ボール5mスクラムへ

前半30分 慶應大は敵陣G前5mスクラムと絶好のチャンスを得るが、アーリーセットを取られ早稲田ボールのフリーキックへ!

前半37分 早稲田大は敵陣G前ラインアウトからFWタテ〜左展開〜折り返し3小林がT,9齋藤G「早稲田大12-7慶應大」

 

得点経過(後半)

後半3分 早稲田大は敵陣ほぼ正面35m地点で得たペナルティーから9齋藤がPGを狙うが失敗

後半14分 慶應大は敵陣深くで得たペナルティーから速攻を仕掛け右展開〜左展開で最後は8山中が左隅へ飛び込みT,10古田G×「早稲田大12-12慶應大」

後半19分 早稲田大は敵陣G前ラインアウトから左展開〜連続攻撃〜慶應がオフサイド〜正面G前から早稲田9齋藤がPG成功「早稲田大15-12慶應大」

後半21分 慶應大が敵陣正面G前へ攻め込んだところで早稲田がペナルティー〜慶應はスクラムを選択

後半22分 慶應大は敵陣G前5mセンタースクラムから連続攻撃〜早稲田がオフサイド〜慶應は再度スクラムを選択

後半23分 慶應大は敵陣G前5mスクラムから左展開でタテを突いた10古田がそのままT,10古田G「早稲田大15-19慶應大」

後半30分 早稲田大がハーフウェー付近での連続展開から左展開で抜け出し敵陣G前へ迫るが、ラックで慶應がターンオーバーに成功〜ピンチを脱す

後半35分 早稲田大は敵陣G前ラインアウトから左展開〜連続攻撃もノックオン

後半44分 早稲田大は敵陣G前ラインアウトからFWゴリゴリでフェーズを重ね右展開〜11佐々木が右隅に逆転T,9齋藤G×「慶應大19-20早稲田大」ここでノーサイド

※観戦者が “そう見えた“ 通りに書いてる “非公式記録“ ですので、名前等の間違いやルール解釈ミス等があってもご容赦ください(笑)

 

この試合の見どころ

先日アップした大学選手権準々決勝「帝京大学vs流通経済大学」戦に先駆けて行われた一戦!はからずも伝統の早慶戦の再戦となりました。

仕事が立て込みバタバタしているうちに一週間が経過してしまったし、そもそも注目度の高い早慶戦については既に様々な方々が記事を書いてらっしゃるはずなので今さらかなとも思ったのですが、それでも写真もけっこう撮ってるし得点記録等もつけていたので、自分の記録用に記したいと思います。

ちなみに今季、11月23日に行われた本来の早慶戦の試合結果はこちら。

○早稲田大学 21(前半11-0/後半10-14)14 慶應義塾大学●

正直この日の慶應大はイージーミス連発で、本来の力を全く出せていなかった印象でした。

でもじつは今季の慶應義塾大は、知る人ぞ知る超黄金世代。

4年前の高校神奈川県予選において絶対王者・桐蔭学園を破り第94回大会高等学校ラグビー大会出場を果たした慶應義塾高校は、3回戦で御所実業をあわやというところまで追い詰めた・・・と言うか99%勝利を手中に収めていたはずなのに、けっこう微妙な判定でロスタイムが5分経過してから最終的に大逆転負けを喫し涙を飲みました。この時は丹治辰碩選手が10番SOで古田京選手が12番インサイドCTBを務めていましたよね。

その時の主力選手がごっそり慶應義塾大に進学し、彼らが最終学年の4年生。なので今季は高校時代から全国レベルで活躍した選手たちの宝庫、戦力的にも大いに期待できる年だったんですね。

事実今年の関東大学対抗戦グループAでは、上記の通り早稲田大にこそ敗れたものの明治大には勝利しましたし帝京大にも肉薄しました。

上記の高校3回戦でその御所実業高校から4番LO菅原貴人選手、9番SH吉川浩貴選手、10番SO矢澤蒼選手、11番WTB竹山晃暉選手と実に4名もが帝京大学に進学しており、それぞれに活躍しています。ちなみに上記の試合で大逆転トライを決めたのは竹山晃暉選手、そして最終的に御所実業は準優勝という輝かしい結果を収めました。

なのでもし帝京大と慶應義塾大の両校が決勝進出なんていうことになったら、浅からぬ因縁の再戦というシチュエーションがあったんですよね。

とかく今季は早明両校の充実ぶりがクローズアップされがちでしたが、個人的には慶應義塾大はあなどれないし期待料込みでがんばってもらいたい、そんな思いを秘かに抱いての観戦だったというわけです。

 

観戦記

なんとしても序盤から主導権を握りスタートダッシュを決めたい慶應義塾大でしたが、いきなりキックオフのボールを自陣G前でノックオン。労せず敵陣G前でマイボールスクラムのチャンスを得た早稲田大は連続攻撃からあっさりと先制トライを奪います。

でもその後は慶應ペースで、逆転トライを奪って以降も終始慶應が優勢に進めます。

その大きな原動力となったのは、スクラム!今季スクラムには課題の多い早稲田大ですが慶應は走る勢いで押しまくり、そこから一気にペースを掴みます。

その勢いで敵陣G前へ攻め込んだ慶應義塾大ですが、前半30分頃に1発目の運命の判定が起きます。

敵陣G前でFW肉弾戦で強引にトライを奪おうとする慶應大と必死のタックルでそれを防ぐ早稲田大、ここは早稲田の鉄壁ディフェンスが粘り勝ち、慶應ボールの5mスクラムへ。

ここまでの流れから行けば慶應大のスクラムトライすらあり得るのではと思い注目したのですが、そこでなんと慶應大がその圧倒しているスクラムで反則(フリーキック)を取られます。

反対側のインゴール側から観ていたので正直何が起きたのかはよく判りませんでしたが、状況から言ってアーリーセット(レフェリーのコールよりも早くスクラムを組んでしまう)か、アングル(スクラムを真っ直ぐ組み真っ直ぐ押していない)だったのかなと推察されます。

この絶好期に得点できなかったばかりか、そこから反撃に転じた早稲田大が結局再逆転トライを奪いハーフタイムとなりましたので、勝敗のポイントとしてはあまりにも大きなスクラムでの判定でした。

そして運命の後半!慶應が同点に追いつき、早稲田がPGで勝ち越し、慶應が逆転トライを決めるという超シーソーゲーム。後半残り時間3~4分で慶應が4点差リードという、またPGなら追いつけずTなら逆転という微妙な点差(笑)

ボールをキープしているのは慶應。常套手段としてはFW戦でボールをキープしながら時間を上手に使い・・・というのがセオリーですが、慶應はあっさりキック!いったんは早稲田にボールを渡してしまったけれど、残り1分を切ったところで慶應ボールのスクラムに。あとはフツーに勝ち切ってるスクラムをしっかり組んで、しっかりボールアウトして外へ蹴り出せばそのまま慶應勝利となるはずが・・・

組んだ瞬間スクラムが崩れたわけですが、レフェリーの判定は “慶應のコラプシング(慶應が崩した)” との判定!

 

99%敗戦が決まっていたところから九死に一生を得た早稲田はロスタイムに入ってからも慶應をゴール前へ釘づけにして攻め続けると、そこから最後は右展開で右隅へ大逆転トライ!!ここまでドラマチックな結末を誰が予想したか!?

結局試合を通じスクラムでほぼ圧倒していた慶應が、前後半のそれぞれ一番大事なスクラムで反則を取られ、結果その反則が命取りとなったという、何ともやり切れない結果となりました。

もちろんレフェリーが一番近くで見ているわけだし判定にケチをつける気は毛頭ありませんが、少なくとも微妙な崩れ方をしたスクラムで組み直しとするのかどちらかに反則を与えるのかによって勝者と敗者が入れ替わるクロスゲームだったということだけは言えます。

もちろんその反則が即得点というわけではなく、その後ロスタイムに早稲田が約5分間ノーミスで攻め続けトライをとり切った集中力と判断力、前半のスクラムの場面もその前に慶應が何十フェーズも執拗にラックサイドを攻めたのを完璧に止め続けたディフェンス力があってのもの。

100周年Vに向け着々と進化し続けている早稲田、本当に強いと思います。

慶應も本当に好チームでした。手に汗握る大熱戦を繰り広げた両校選手に心から拍手!すごかった、ナイスゲーム!!

次戦1月2日の準決勝はなんと早明戦!!これまたシビれる超クロスゲームとなるでしょうし、とにかく要注目です。

あくまでも100% “観戦者の私見” ですので、「それは違う!」と思ってもクレームはご遠慮ください(笑)

 

出場メンバー

[早稲田大学]

1 鶴川 達彦[4]桐蔭学園中等182cm/114kg

2 宮里 侑樹[4]名護商工179cm/105kg

3 小林 賢太[1]東福岡180cm/110kg

4 中川 匠[3]成城学園178cm/93kg

5 下川 甲嗣[2]修猷館187cm/100kg

6 柴田 徹[3]桐蔭学園173cm/89kg

7 幸重 天[3]大分舞鶴175cm/94kg

8 丸尾 崇真[2]早稲田実業182cm/98kg

9 齋藤 直人[3]桐蔭学園165cm/75kg

10 岸岡 智樹[3]東海大仰星173cm/84kg

11 佐々木 尚[4]桐蔭学園172cm/82kg

12 中野 将伍[3]東筑186cm/96kg

13 桑山 淳生[3]鹿児島実業183cm/92kg

14 長田 智希[1]東海大仰星179cm/83kg

15 河瀬 諒介[1]東海大仰星183cm/80kg

[リザーブ]

16 千野 健斗[4]成蹊175cm/98kg

17 峨家 直也[4]報徳学園171cm/98kg

18 土田 彬洋[2]茗渓学園178cm/120kg

19 松井 丈典[4]旭野195cm/120kg

⑳ 佐藤 真吾[4]本郷179cm/93kg

21 貝塚 陸[4]本郷166cm/72kg

22 船越 明義[4]早大学院174cm/84kg

23 梅津 友喜[3]黒沢尻北177cm/88kg

 

[慶應義塾大学]

1 細田 隼都[4]慶應義塾173cm/101kg

2 中本 慶太郎[4]慶應義塾175cm/101kg

3 大山 祥平[2]慶應義塾186cm/109kg

4 相部 開哉[2]慶應義塾183cm/90kg

5 辻 雄康[4]慶應義塾190cm/107kg

6 川合 秀和[3]國學院久我山171cm/86kg

7 山本 凱[1]慶應義塾177cm/91kg

8 山中 侃[4]慶應義塾182cm/91kg

9 江嵜 真悟[4]小倉164cm/67kg

⑩ 古田 京[4]慶應義塾177cm/85kg

11 宮本 瑛介[4]慶應義塾174cm/81kg

12 栗原 由太[3]桐蔭学園179cm/92kg

13 三木 亮弥[2]京都成章171cm/81kg

14 小原 錫満[4]東海大仰星173cm/83kg

15 丹治 辰碩[4]慶應義塾183cm/89kg

[リザーブ]

16 原田 衛[1]桐蔭学園175cm/101kg

17 渡邊 悠貴[4]慶應義塾168cm/97kg

18 菅 公平[4]慶應義塾176cm/103kg

19 北村 裕輝[2]慶應義塾178cm/92kg

20 佐藤 武蔵[4]慶應義塾175cm/89kg

21 若林 俊介[2]慶應義塾171cm/75kg

22 南 翔大[4]常翔学園172cm/85kg

23 宮本 恭右[2]慶應義塾172cm/74kg

The following two tabs change content below.
ジチョー人見 誠

ジチョー人見 誠

パチンコ業界一筋30年、都内パチンコ店の営業責任者の50歳!岡山県岡山市出身!関西(かんぜい)高校入学後ラグビーと出会い、そのままラグビーに没頭!高校3年時にはラグビー部主将を務め~帝京大学でもラグビー部に在籍。息子も帝京大学ラグビー部に所属、史上初の親子部員。今でも足しげくグラウンドに足を運び、年間約120試合観戦している。

関連記事

練習マッチ「帝京大学Bvs専修大学A」観戦記

4/16(日)練習マッチ ○帝京大学A,B 73(前半35-0/後半38-12)12 日本体育大学A

記事を読む

高校ラグビー関東新人大会決勝戦「桐蔭学園vs國學院久我山」観戦記

試合結果 2017年(平成29年)2月19日(日)13:30キックオフ 於:日本大学稲城グラ

記事を読む

練習マッチ「帝京大学Cvs東海大学C」観戦記

試合結果 2017年(平成29年)10月1日(日)14:45キックオフ 於:帝京大学百草グラ

記事を読む

ラグビーW杯2019日本大会、まもなくジャパンの第3戦!

9/20(金)に第9回ラグビーワールドカップ 2019日本大会が開幕し、連日ニュースでも取り上げられ

記事を読む

アジアラグビーチャンピオンシップ2017「日本代表vs香港代表」観戦記

試合結果 2017年(平成29年)5月6日(土)14:07キックオフ 於:秩父宮ラグビー場

記事を読む

高校ラグビー全国大会予選・関東エリアの代表校が全て決まる!

11/18(土)、私ジチョーは関東大学対抗戦グループA「帝京大学vs明治大学」戦を応援するためニッパ

記事を読む

私の故郷・岡山の大好きなおふくろの味を紹介します♪

私の故郷は岡山県岡山市です。 生まれてからしばらくは借家だったり色んな所を転々としていたらしい

記事を読む

ジチョー人見誠の履歴書その⑭[関東大学ラグビーの歴史編]

※ジチョー人見誠の履歴書その① 「幼少期編」 ※ジチョー人見誠の履歴書その② 「ラグビーとの出

記事を読む

ジチョー人見誠の履歴書その⑩[関西人から学んだこと]

※ジチョー人見誠の履歴書その① 「幼少期編」 ※ジチョー人見誠の履歴書その② 「ラグビーとの出

記事を読む

ジチョー人見誠の履歴書その⑲[帝京大学ラグビー部1985年秋シーズン編①]

※ジチョー人見誠の履歴書その① 「幼少期編」 ※ジチョー人見誠の履歴書その② 「ラグビーとの出

記事を読む


  • 2022年6月
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
PAGE TOP ↑