練習マッチ「帝京大学vs國學院大学」観戦記

試合結果

2018年(平成30年)12月9日(日)14:00キックオフ

於:帝京大学百草グラウンド

練習マッチ(40分×3本変則マッチ)

○帝京大学 143(1本目48-0/2本目59-0/3本目36-7)7 國學院大学 

 

得点経過(1本目)

1分 國學院キックを帝京がカウンター〜10金裕が好ゲインで一気に敵陣G前に運びフォローした8築山が先制T,10金裕G×「帝京大5-0國學院大」

6分 帝京大は敵陣G前5mセンタースクラムからハチキュー〜右展開で14原口がG前へ運び、9徳井がピックゴーでそのままT,10金裕G「帝京大12-0國學院大」

13分 帝京大はハーフウェー付近スクラムから連続してFWタテ〜右展開で13岡村が抜け出しそのままT,10金裕G「帝京大19-0國學院大」

16分 帝京大は敵陣ラインアウトから右展開〜連続攻撃〜ラックサイドを9徳井が抜け出しそのままT,10金裕G「帝京大26-0國學院大」

26分 帝京大は敵陣G前5mセンタースクラムからハチキュー〜15鬼木〜14原口T,10金裕G×「帝京大31-0國學院大」

30分 リスタートキックオフから帝京大は連続攻撃で一気に敵陣G前へ迫ると右展開9徳井〜10金裕〜リターンパスを受けた15鬼木がそのままT,10金裕G「帝京大38-0國學院大」

36分 帝京大は敵陣G前ラインアウトからモールを押し込みFWゴリゴリで5オトがT,10金裕G×「帝京大43-0國學院大」

41分 帝京大は自陣G前でターンオーバーから素早くカウンター〜左右に展開でゲイン〜FWタテ〜右展開9重〜15鬼木〜12小柳〜14原口がT,10金裕G×「帝京大48-0國學院大」ここで1本目終了!

 

得点経過(2本目)

1分 帝京大は敵陣でターンオーバーするとFW &BK一体となって連続攻撃〜最後は5後藤が抜け出しT,12金基G「帝京大55-0國學院大」

9分 帝京大は敵陣G前で連続攻撃〜相次いでFWタテで最後は3伊藤がT,12金基G「帝京大62-0國學院大」

11分 リスタートキックオフから帝京大は左展開で15志和地が好ゲイン〜右展開で14石田がT,12金基G×「帝京大67-0國學院大」

15分 帝京大は敵陣G前での相手スクラムを激しく押し込みスティールに成功〜FWゴリゴリで3伊藤がT,12金基G「帝京大74-0國學院大」

23分 帝京大は敵陣G前ラインアウトからモール〜FWゴリゴリで2大澤陸がT,12金基G「帝京大81-0國學院大」

25分 リスタートキックオフから帝京大は右ブラインドを突き14石田が好ゲイン〜フォローした3伊藤がT,12金基G「帝京大88-0國學院大」

29分 帝京大は自陣から左展開〜8村田がピックゴーでビッグゲイン〜右展開〜10平坂怜が裏チョン〜チェイスした15志和地がインゴールで押さえT,12金基G「帝京大95-0國學院大」

33分 帝京大は敵陣G前ラインアウトからモールを押し込みT,12金基G×「帝京大100-0國學院大」

41分 帝京大は敵陣G前ラインアウトからモールを押し込み右展開〜12金基タテ〜FWゴリゴリで5大塚がT,12金基G「帝京大107-0國學院大」ここで2本目終了!

 

得点経過(3本目)

5分 帝京大は敵陣G前ラインアウトからモールを押し込み7照内がT,10申誠G×「帝京大112-0國學院大」

14分 帝京大は敵陣G前ラインアウトからモールを押し込み1室屋がT,10申誠G×「帝京大117-0國學院大」

20分 帝京大が敵陣での連続攻撃から9山地が裏チョンもキャッチした國學院がビッグゲインでトライ目前〜帝京大が何とか食い止め5mスクラムに

21分 國學院大は敵陣G前で得たペナルティーから9が速攻でそのままT,G「帝京大117-7國學院大」

29分 帝京大はハーフウェー付近ラインアウトから2齋藤が好ゲイン〜右展開で14上代が抜け出しT,10芳野G「帝京大124-7國學院大」

34分 帝京大は敵陣G前5mセンタースクラムからハチキュー〜15人見がトイ面をずらしそのままT,10芳野G「帝京大131-7國學院大」

36分 リスタートキックオフから帝京大はFWタテ〜右展開15人見が抜け出し好ゲイン〜12伊藤〜14上代T,10芳野G×「帝京大136-7國學院大」

39分 帝京大は敵陣G前で得たペナルティーから速攻FWタテで7照内がT,10芳野G「帝京大143-7國學院大」ここでノーサイド

※観戦者が “そう見えた“ 通りに書いてる “非公式記録“ ですので、名前等の間違いやルール解釈ミス等があってもご容赦ください(笑)

 

観戦記

Aチームが大学選手権で戦えるのは最大で3試合まで!それ以外は卒業生試合だけなので、1~3年生でメンバー外の選手にとっては事実上これが今シーズンのラストゲームとなります。

なので出場選手は全員、心に期するものがあったのでしょう。試合前のアップから気合いがビシバシと伝わって来て、とても良い雰囲気でした。

対する國學院大学は、今季関東大学リーグ戦グループ2部で立正大・山梨学院大などの難敵を破ったものの関東学院大と東洋大に僅差で敗れ惜しくも3位となり、入替戦出場を逃し完全にシーズン終了。メンバー表を見る限り4年生は完全に引退し、新チームとなってすぐいきなりこのゲームだったようです。

帝京大としてはこの時期に試合が組めてありがたいわけで気合満点で臨めたはずですが、逆に國学院大は色んな意味でこの戦いに挑むのが難しかったでしょうね。

そんな中でもわざわざ百草グラウンドへ足を運び試合をしてくださったことに、筆者からも感謝申し上げますm(_ _)m

試合自体は開始早々から帝京大がエンジン全開でほぼ完ぺきな内容で着実に得点を重ねていき、最後の最後で完封こそ逃したものの大差で快勝です。

なので特に細かな試合内容には特に触れませんが、個人的に良かったなと思う選手を何人かピックアップします。

もちろん他にも好プレーを見せてた選手は多数いるのですが國学院大は4年生不在なわけだし、今回は特に今季試合出場が少ない中で存在感を見せていた1年生を2名紹介。

この試合で強さを発揮した伊藤健人選手

3番右PRの二番手として出場した伊藤健人選手(1年)。FW密集戦の中で馬力を発揮していましたね。あの下半身の強さは魅力だなぁ♪ 来年以降、頭角を現して来るのではないかと予想!

あともうひとり1年生でFBの4番手として出場した人見太基選手。彼は出場している試合をたぶん観たことがないので限りなくデビュー戦に近いと思うのですが、出場後すぐにがんがんラインブレイクして立て続けにチャンスを作り、自らもトライを決めていました。小気味よいランプレーは持ち味ですね。来年以降、もっと長時間プレーするところを観てみたい!

キレッキレのステップでラインブレイクを見せた人見太基選手

あくまでも100% “観戦者の私見” ですので、「それは違う!」と思ってもクレームはご遠慮ください(笑)

 

 

出場メンバー

[帝京大学]

1 半田 晃大(ハンダ アキヒロ)[4]常翔学園174cm/105kg

⇒近藤 芽吹(コンドウ イブキ)[2]新潟工業177cm/108kg

⇒室屋 翔生(ムロヤ カケル)[3]延岡星雲178cm/105kg

2 上片 風馬(ウエカタ フウマ)[2]長崎北陽台177cm/98kg

⇒加地 王虎(カジ キミタカ)[2]伏見工業177cm/99kg

⇒大澤 陸大(オオサワ リクト)[1]黒沢尻北169cm/90kg

⇒齋藤 泰雅(サイトウ タイガ)[3]國學院久我山174cm/97kg

3 田中 大介(タナカ ダイスケ)[2]延岡星雲173cm/113kg

⇒伊藤 健人(イトウ ケント)[1]春日丘181cm/100kg

⇒山本 渓太(ヤマモト ケイタ)[1]國學院久我山177cm/101kg

4 オト・ジョシュア・輝恵(テルヨシ)[2]八王子学園八王子191cm/113kg

⇒石井 祐次郎(イシイ ユウジロウ)[3]金光学園182cm/103kg

⇒藤原 清孝(フジワラ キヨタカ)[1]関西177cm/92kg

⇒荒川 海斗(アラカワ カイト)[2]帝京八王子174cm/102kg

5 慎 昌徳(シン チャンドッ)[3]東京朝鮮185cm/107kg

⇒後藤 孝輔(ゴトウ コウスケ)[1]専大松戸174cm/94kg

⇒大塚 碧生(オオツカ アオイ)[1]光泉181cm/96kg

6 森田 雅之(モリタ マサユキ)[1]桐蔭学園180cm/83kg

⇒堀尾 英喜(ホリオ ヒデキ)[2]帝京八王子172cm/86kg

⇒照内 寿明(テルウチ トシアキ)[1]國學院栃木168cm/95kg

7 坂下 尚治郎(サカシタ ショウジロウ)[4]川越東170cm/90kg

⇒高橋 怜雅(タカハシ リョウガ)[2]黒沢尻北177cm/93kg

⇒沓澤 北斗(クツザワ ホクト)[2]帝京八王子169cm/80kg

8 築山 駿也(ツキヤマ シュンヤ)[2]長崎南山181cm/102kg

⇒村田 空海(ムラタ クウカイ)[1]京都成章177cm/87kg

⇒藤丸 翔太(フジマル ショウタ)[3]ロトルアボーイズ172cm/92kg

9 徳井 彰真(トクイ ショウマ)[3]荒尾177cm/75kg

⇒重 海人(シゲ カイト)[2]鹿児島実業166cm/65kg

⇒田島 大(タシマ ダイ)[4]大分雄城台165cm/68kg

⇒藤原 大成(フジワラ タイセイ)[1]専大松戸163cm/70kg

⇒山地 健太(ヤマジ ケンタ)[2]國學院栃木170cm/64kg

⇒北埜 稜磨(キタノ リョウマ)[1]常翔啓光学園172cm/65kg

10 金 裕平(キム ユピョン)[1]東京朝鮮173cm/76kg

⇒平坂 怜磨(ヒラサカ リョウマ)[3]日向167cm/70kg

⇒申 誠敏(シン ソンミン)[2]東京朝鮮170cm/74kg

⇒芳野 友(ヨシノ ユウ)[1]新田174cm/74kg

11 伊東 岳(イトウ ガク)[4]長崎南山170cm/84kg

⇒藥師寺 晃(ヤクシジ コウキ)[2]大分舞鶴174cm/85kg

⇒権 泰錫(クォン テソッ)[3]東京朝鮮177cm/82kg

⇒牧内 豪(マキウチ ゴウ)[3]流通経済大柏174cm/86kg

12 小栁 琢登(コヤナギ タクト)[1]佐賀工業186cm/95kg

⇒金 基英(キン キヨン)[3]東京朝鮮177cm/82kg

⇒相澤 賢志郎(アイザワ ケンシロウ)[2]流通経済大柏171cm/64kg

⇒伊藤 匠(イトウ タクミ)[3]高岡第一170cm/82kg

13 岡村 晃司(オカムラ コウジ)[2]御所実業171cm/85kg

⇒塩田 一成(シオダ イッセイ)[3]桐蔭学園177cm/84kg

⇒原 銀太郎(ハラ ギンタロウ)[2]報徳学園172cm/79kg

14 原口 遼雅(ハラグチ リョウガ)[4]延岡星雲172cm/92kg

⇒石田 龍之介(イシダ リュウノスケ)[3]京都成章170cm/70kg

⇒白國 亮大(シラクニ リョウダイ)[1]摂津165cm/63kg

⇒上代 遼輔(ジョウダイ リョウスケ)[1]専大松戸173cm/71kg

15 鬼木 秀一(オニキ シュウイチ)[4]名古屋172cm/82kg

⇒志和地 豊馬(シワチ トウマ)[1]日向176cm/81kg

⇒杉永 将三(スギナガ ショウゾウ)[2]長崎南山175cm/80kg

⇒人見 太基(ヒトミ タイキ)[1]伏見工業173cm/90kg

※観戦者が目視で確認した通り書いていますので、実際の出場選手と異なってる場合があります。

 

[國學院大学]

1 野田 智[1]東福岡170cm/88kg

⇒武田 佳樹[1]國學院久我山164cm/91kg

2 吉武 利起[3]九州学院170cm/95kg

⇒浮田 圭都[1]秋田中央168cm/105kg

3 向井 優典[3]常翔学園165cm/93kg

⇒猿田 大成[2]秋田南182cm/105kg

4 安藤 峻利[2]秋田中央178cm/92kg

⇒倉園 虎太朗[2]東福岡184cm/94kg

5 波間 陽太[1]秋田工業183cm/92kg

⇒頴川 雅大[3]國學院久我山176cm/97kg

6 菊地 敦士[2]國學院久我山175cm/90kg

⇒小林 祐輝[2]國學院久我山177cm/85kg

7 葛西 徹[3]静岡聖光学院170cm/76kg

⇒松田 晃汰[1]佐賀工業181cm/86kg

8 大町 和生[1]長崎北陽台179cm/86kg

⇒光本 篤史[3]佐賀工業171cm/73kg

9 馬見塚 健[3]御所162cm/68kg

⇒椿 英晟[2]九州学院165cm/68kg

10 江口 幸志郎[2]長崎北170cm/70kg

⇒五十嵐 公輔[2]昌平173cm/70kg

11 小島 嶺治[3]國學院栃木167cm/75kg

⇒屋敷 匠吾[3]國學院栃木170cm/77kg

12 永吉 諒伍[3]仙台育英学園165cm/79kg

⇒渋谷 柊永[1]秋田工業177cm/83kg

13 小野 凌雅[1]東福岡177cm/80kg

⇒高橋 国光[2]静岡聖光学院179cm/86kg

14 江上 雄代朗[3]東福岡172cm/72kg

⇒佐藤 舜[2]東福岡177cm/75kg

15 沖村 圭介[2]長崎北陽台172cm/72kg

⇒松山 幸平[2]國學院久我山163cm/67kg

[リザーブ]

16 植村 真成[1]國學院久我山164cm/80kg

17 佐藤 良洋[1]明和県央172cm/82kg

18 鈴木 海斗[2]仙台育成学園183cm/89kg

19 峰晴 真峻[1]國學院栃木167cm/66kg

20 茂木 浩司[3]市立船橋162cm/71kg

21 二股 龍平[1]東京180cm/92kg

※当日のメンバー表通りに記載していますので、実際の出場選手とは異なっている場合があります。

 

この日グラウンドで会ったラグビー仲間たち

The following two tabs change content below.
ジチョー人見 誠

ジチョー人見 誠

パチンコ業界一筋30年、都内パチンコ店の営業責任者の50歳!岡山県岡山市出身!関西(かんぜい)高校入学後ラグビーと出会い、そのままラグビーに没頭!高校3年時にはラグビー部主将を務め~帝京大学でもラグビー部に在籍。息子も帝京大学ラグビー部に所属、史上初の親子部員。今でも足しげくグラウンドに足を運び、年間約120試合観戦している。

関連記事

4年生試合その② 感動の公式戦ジャージ授与式

※前回「4年生試合その① 帝京大学ラグビー部における4年生の役割」へは、こちらからどうぞ! &

記事を読む

ジチョー人見誠の履歴書その⑯[ジチョーアルバイト開始編]

※ジチョー人見誠の履歴書その① 「幼少期編」 ※ジチョー人見誠の履歴書その② 「ラグビーとの出

記事を読む

大学選手権準決勝「明治大学vs大東文化大学」観戦記

試合結果 2018年(平成30年)1月2日(火)12:20キックオフ 於:秩父宮ラグビー場

記事を読む

ラグビーW杯2019日本大会 プールA いよいよ最終決戦!!

台風19号が本州直撃で甚大な被害をもたらしているとのニュースが駆け巡っている中で、予選プールAの「ア

記事を読む

高校ラグビー関東新人大会 組み合わせ決まる!

  高校ラグビー東京都予選決勝の観戦記をアップしたところ、思いのほか反響があったので

記事を読む

関東大学春季大会「帝京大学vs流通経済大学」観戦記

試合結果 2017年(平成29年)6月18日(日)13:30キックオフ 於:帝京大学百草グラ

記事を読む

伝説の女子プロレスラー長与千種さんの試合を応援に行って来ました!

  この前の日曜日に普段通り仕事をしてたら、私の職場の相棒MIWA姐さんから突然、こ

記事を読む

近い年代の帝京大学ラグビー部同窓会を開催!

  いまこのブログでは1985年(昭和60年)シーズンの帝京大学ラグビー部の奮闘につ

記事を読む

高校ラグビー全国選抜大会準決勝②「桐蔭学園vs石見智翠館」観戦記

試合結果 2017年(平成29年)4月8日(土)12:15キックオフ 於:熊谷スポーツ文化公

記事を読む

ラグビーW杯2019日本大会開幕しましたね♪

「もうすぐワールドカップが日本で!」「ワールドカップいよいよ開幕!」等々、ラグビーに何らかの形で携わ

記事を読む


  • 2022年6月
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
PAGE TOP ↑